MT車とAT車のどっちの免許を取りますか?

自動車とバイク

MT車とAT車

多くの教習所のサイトで、見かける質問が「MT車とAT車どっちがいいか?」という質問です。

MT車とAT車の違い

MT車とAT車の違いは、ギアチェンジが「マニュアル(手動)」か「オート(自動)」かの違いでしょう。

MT車の場合

クラッチ操作が必要になるので、教習所ではギアチェンジの教習も含まれます。初めて運転をするという方は、ほぼ100%の確立で、エンストします。わざとエンストさせるような、教官もいるそうですが、これは、AT車との違いを明確にさせるためでイジワルではありません。そのため、半クラッチという技術も必要になるのですが、そんなに難しいものではありません。基本的にMT車免許を持っている人は、AT車も運転することができるようになります。

MT車の場合は、ある程度の加速で左足でクラッチペダルを踏み、左手でギアチェンジを行うという事を行わないといけませんので、普段AT車しか乗らない人は、結構、緊張するようです。それでも人気は高いようで、あえてギア付のMT車を購入する方も多いようです。

AT車の場合

MT車と違い、クラッチ操作がないので、ペダル操作もアクセルとブレーキになりますので、運転が比較的簡単ですが、ギアがD(ドライブ)や1(ファースト)、2(セカンド)に入っている時には、常に半クラッチと同じ状態ですので、そのままでもゆっくり前進します。もちろん、バック時も同じです。止まる場合は、しっかりとブレーキを踏んでおかないと、前の車にぶつけてしまうなんて事になりかねないので、注意してください。

最近の自動車の95%がAT車と言われていますので、免許はAT車でも構わないと思いますが、会社で必要となる場合は、MT車の免許を取っておきましょう。そうでないと、会社で使う自動車が全てMT車の場合は、その自動車に乗ることができなくなります。つまり、AT車の免許では、AT車限定とされてしまうのです。

どっちを選ぶ?

基本的に、AT車はギアチェンジの教習がない分だけ、早くなります。教習時間が2〜3時間分ほど早くなる場合が多いようです。しかし、最近の傾向では、「男ならMT車だろ!」という方や「女性だからAT車♪」という場合も多少あるそうで、実際に男性の方のほとんどはMT車の免許を選択する方が多いそうですが、いざ免許を取ると、主にAT車を乗っている方も少なからずいるそうです。

確かに、MT車免許を取った場合は、MT車はもちろん、AT車も乗ることが可能ですので、選択肢が増えるとも言えます。しかし、AT車免許を取った場合は、AT車しかのることはできないという事になります。しかし、何らかの事情でMT車を乗ることになる場合も無いとは限りません。

以上の理由から、管理人のオススメはMT車です。どちらも乗ることができる方がいいと言えますし、また、AT車を取ってから限定解除する方も多少いるそうです。時間のオーバーはそこまで多くないと思いますが、AT車を取ってから限定解除する場合は、5時間ほどの実技講習を受けう必要があると言われています。自信がないという方でも、最初は誰だって初心者ですから、何度もエンストしても、合格すればいいのです。

ページトップへ