合宿免許とは、免許取得の方法の1つです。

自動車とバイク

合宿免許

「できるだけ安く」とか「できるだけ早く」と考える場合には、合宿免許がいいと思います。

合宿免許とは?

たまに「免許をできるだけ早く取りたいという方、安くとりたいという方は、合宿免許をオススメします」、という広告を見ることもあります。しかし、免許、大型免許の合宿とはどういうものなのでしょうか?

基本的に合宿免許とは、一定の期間中で運転技術を身につけるために、教習所の指定する宿舎に宿泊しながら教習を受けること。を意味します。これも免許取得の1つの方法で、一般的な方法と比べて、料金も安いし、期間的にも早くに免許が取れるとも言われています。もちろん、目的は免許取得なのですが、最近はブロードバンド完備だとか、温泉付だとか、食事メニューの豊富さだとか、ちょっと目的と違うところに力を入れているところもあります。

合宿免許の料金は、大体が25万円前後と普通の通学の場合と変わりないのですが、教習料金の他に、宿泊代と食事代も込みでの値段が25万円前後となっている場合が多いので、そこまで見たときは、お得な免許取得方法だと言えますが、合宿期間中は、基本的に家に帰ることはできない上、期間中のスケジュールは決められている場合が多いので、ある程度のまとまった休暇が取れる方のみが、対象になります。

そのため、一般のサラリーマンには難しく、多くの場合、夏休み期間中の学生などを対称にしていることが多いようです。また、その中でも、友達と一緒にという方も多いのも事実です。

スケジュールについて

多くの場合、日数は2週間前後の場合が多く、20日未満の場合が多いようです。しかし、スケジュール内容はビッシリというわけではなく、学科教習と技能教習を合わせて、多くて6時間くらいの場合が多く、どんなに長くても2時間教習を行ったら、1時間休みという場合も多いようです(教習所によるでしょうが)。気になるようでしたら、スケジュールを教えてもらうのもいいでしょう。もちろん、教習時間以外は、自由時間となりますので、普通の修学旅行より快適だと思います。

もちろん、他免許を持っている場合には、学科教習は免除になる時間が多いので、1日の教習時間が2〜3時間という場合も多くなると思います。

しかし、基本的に合宿免許を申し込みは早い者勝ちです。当然、宿舎を始めとするモノや期間には、限りがあるから当然と言えます。そのため、期間に余裕がないという方、時期をずらすことができないという方は、できるだけ早くに申し込むことをオススメします。逆に、期間に余裕がある方や、時期をずらすことが可能だという方は、夏休みや冬休み、春休みを避けた時期に申込みをオススメします。そのほうが予約を取りやすいし、人数がもともと少ないので、安くなる場合があるそうです。

合宿免許を申し込む際は、料金とスケジュールをしっかり確認して、早めに予約することが必須条件です。合宿免許の情報はかなり多いので、迷うと思いますが、行くと決まる前からの情報収集を行っておければいいと思います。それで、行く必要がなくなったとしても、損にはならないでしょう。

ページトップへ